個人賠償責任保険カンタン解説

個人賠償責任保険に入れば自転車の事故も補償OK!自転車保険は不要

被害者保護と加害者の費用負担軽減を目的として、自転車保険を義務化する自治体が増えてきました。

できれば自転車保険の費用は抑えたいですから、すでに加入している個人賠償責任保険でカバーできるなら助かりますよね。今回は、自転車保険は個人賠償責任保険でカバーできるかなどを紹介します。

個人賠償責任保険に入っていれば、自分の自転車事故でも子供の自転車事故でも補償される

結論から言えば、個人賠償責任保険に入っていれば、自分の自転車事故でも子供の自転車事故でも補償されます。

三井住友カード発行のクレジットカード利用者が加入できる個人賠償責任保険「ポケット保険」には、個人賠償責任特約があり、その中の保険金が支払われる例として、「自転車で歩行者に接触し、ケガをさせた」という項目があります。ポケット保険の個人賠償責任特約では、他人にケガをさせた場合はもちろん、他人のものを壊した場合も補償の対象となりますので、安心です。

個人賠償責任保険と自転車保険の違い

自転車保険は個人賠償責任保険で十分カバーできることが分かりましたが、この2つは完全に同じではありません。違いを理解することで、どちらが自分によりふさわしい保険か選択する助けとなります。ここでは、個人賠償責任保険と自転車保険の違いを表で見てみましょう。

  個人賠償責任保険 自転車保険
被保険者 本人・配偶者・家族 本人・配偶者・家族
単独での加入 不可 可能
保険料(本人のみ) 安い 高い
相手への賠償責任 最高3億円 最高3億円
自身の傷害死亡・後遺障害 補償がない場合も 補償あり
自身の傷害入院・通院 補償がない場合も 補償あり

個人賠償責任保険は基本的に相手のみを補償する保険なのに対して、自転車保険は相手だけでなく自身も補償してくれる保険です。補償範囲が幅広いだけあって自転車保険の保険料は高額になっています。どちらの保険も本人だけでなく家族も被保険者とできますので、お子さんも合わせて保険でカバーできます。

クレジットカード・自動車保険・傷害保険・火災保険などをすでに契約しており、とにかく相手を補償することを重視するならば個人賠償責任保険特約に加入、自分たちも補償の対象としたいのであれば自転車保険に加入するのがいいでしょう。

おすすめの個人賠償責任保険

個人賠償責任保険特約も様々な会社から様々な商品が出ており、どれにしようか悩んでしまいます。中でも、コストを最も抑えられるのがクレジットカード付帯の個人賠償責任保険特約です。全てのクレジットカードに子の特約が付帯しているわけではありませんが、ここでは中でもおすすめのクレジットカード付帯の個人賠償責任保険特約を2つ紹介しましょう。

三井住友カードの「ポケット保険」

まず紹介するのは、三井住友カードが発行するクレジットカード保有者が利用できる「ポケット保険」です。三井住友海上が引受保険会社となっており、以下の項目を補償してくれます。

  • 傷害死亡・後遺障害
  • 傷害入院・通院日額
  • 携行品損害
  • 住宅内生活用動産
  • 個人賠償責任
  • 借家人賠償責任
  • キャンセル費用
  • 救援者費用など
  • ホールインワン・アルバトロス費用

このうち「個人賠償責任」の項目で自転車事故を補償してくれます。

月々の保険料は140円から(傷害入院日額500円、個人賠償責任1億円、本人のみ補償)とかなりリーズナブルで、幅広く手厚い補償にしても月々の保険料は6020円(傷害入院日額5000円、傷害通院日額2500円、個人賠償責任3億円、家族型)とお得です。

示談交渉サービスが付いており、万が一交渉が不調に終わって裁判となり、賠償責任の金額だけでなく訴訟費用なども補償の対象となりますので安心です。

エポスカードの「エポラク傷害保険 賠償責任重視コース」

次に紹介するのは、エポスカードユーザーが利用できる「エポラク傷害保険」です。エポラク傷害保険には補償内容に応じて、

  • 賠償責任重視コース
  • 携行品重視コース
  • 充実コース
  • レディースコース
  • ファミリーコース
  • 家財重視コース

の6つのコースがありますが、より低コストで自転車事故を補償するコースが賠償責任重視コース」です。

三井住友カードの「ポケット保険」と同様に、引受保険会社は三井住友海上となっており、月々の保険料は140円から(傷害入院日額500円、個人賠償責任1億円、本人のみ補償)とかなりリーズナブルです。幅広く手厚い補償にしても月々の保険料は6020円(傷害入院日額5000円、傷害通院日額2500円、個人賠償責任3億円、家族型)とお得です。

また、エポスカード会員限定でファイナンシャルプランナーへの個別相談が可能です。

  1. 将来の目標
  2. 未来の支出と収入の資産
  3. 利用者に合った保険の提案
  4. 資産形成のための金融商品の学習

というステップで、自分に合った保険選びができます。

傷害保険や自動車保険、火災保険の特約として個人賠償責任保険を付けられる

個人賠償責任保険特約が付帯しているのは、クレジットカードだけではありません。傷害保険や自動車保険、火災保険の特約として個人賠償責任保険を付けられます。もちろん、これらの個人賠償責任保険も自転車事故をしっかりとカバーしています。

三井住友海上が引受保険会社となっているクレジットカード・傷害保険・自動車保険・火災保険の個人賠償責任保険特約を比較してみますと、以下のようなことが言えます。

自動車保険のみ海外も補償対象

クレジットカード・傷害保険・火災保険の個人賠償責任保険特約は日本国内のみが対象なのに対して、自動車保険のみが日本国外での自転車事故も対象としています。ただし、日本国内では付帯している示談交渉サービスは、海外では付帯しません。

保険料はクレジットカードが最もお得

保険料が最もお得なのは、クレジットカードです。「ポケット保険」ならば月140円からで自転車事故を補償してくれます。次にお得なのが傷害保険で、「GK ケガの保険」の場合は年1万円程度で自転車事故までカバーしてくれます。

自動車保険と火災保険はかなり高額で、年10万円以上も珍しくありません。ただし、自動車保険は自動車の種類や等級に応じて、火災保険は築年数や建物の構造などによって保険料が大きく異なります。

個人賠償責任保険特約があれば自転車保険は必要なし

共済や保険会社などで自転車保険の販売も行なわれていますが、個人賠償責任保険特約があれば自転車事故もカバーしてくれますので、自転車保険に加入する必要はありません。自転車保険も個人賠償責任保険特約も、保険契約者本人だけでなく配偶者や家族などもまとめてカバーすることが可能ですので、本人の自転車通勤だけでなく、お子さんのサイクリング時のアクシデントも補償の対象です。

ただし、個人賠償責任保険特約はそれ単独で申し込むことができず、主契約のオプションとして付けるものですので、主契約が必要となります。主契約の種類としては、クレジットカード・傷害保険・自動車保険・火災保険が挙げられます。

クレジットカードは安い保険料でそれなりの補償をしてくれます。傷害保険はそれなりの保険料でそれなりの補償内容、自動車保険と火災保険は高額な保険料ですが、保険料に比例して補償内容も充実しています。

基本的には個人賠償責任保険特約を検討し、現在加入しているクレジットカード・傷害保険・自動車保険・火災保険の個人賠償責任保険特約を比較した上で、申し込むようにしましょう。