個人賠償責任保険カンタン解説

自動車保険に個人賠償責任特約は付けるべき?

自動車に乗っている人がほぼ加入しているのが自動車保険ですが、自動車保険は自動車に関する事故やトラブルを補償するだけではありません。実は個人賠償責任特約も付いているのですが、この記事では自動車保険に付帯できる個人賠償責任特約の是非だけでなく、注意点なども紹介します。

個人賠償責任特約とは

自動車保険につけられる個人賠償責任特約は、自動車保険に加入している契約者がオプションとして付帯できる特約のことです。ちなみに、同じ自動車保険でも、個人賠償責任特約を付けられるのは任意で加入する自動車保険であり、強制的に加入させられる自賠責保険には個人賠償責任特約がありません。

特約を付帯すると、以下のような日常生活におけるトラブルを幅広く補償してくれます。

  • 買物中商品にぶつかって壊してしまった
  • 小学生の子供がケンカをしてケガをさせた
  • 自転車で歩行者を轢いてしまった
  • お風呂にお湯を入れているのを忘れて階下を水浸しにしてしまった

自動車保険に付帯している保険なので深刻なトラブルしか補償されないと思いがちですが、実際には日常的なトラブルも補償してくれるのです。

自動車保険と個人賠償責任特約の違い

自動車保険にも「対物賠償責任保険」と「対人賠償責任保険」という補償があり、先ほど説明した個人賠償責任特約の補償内容と重複しているのでは、と思われる点があります。ここでは、自動車保険と個人賠償責任特約の違いについて、事例を挙げながら解説しましょう。

車に乗っていて他人の車に傷をつけた場合

自分が自動車に乗っていて運転中に、他人の車にぶつかって傷をつけてしまった場合、適用されるのは「自動車保険の対物賠償責任保険」です。対物賠償責任保険は相手の自動車やものの損害に対して補償してくれる保険です。ちなみに、運転中の自分の車の損害については対物賠償責任保険では補償されず、自動車保険の「車両保険」に加入していないと補償されません。

一方、個人賠償責任特約には補償されない事例がいくつかあり、そのうちの一つに「自動車運転中の事故・トラブル」があります。この事故やトラブルに関しては自動車保険の領域ということで、個人賠償責任特約では補償されませんので注意しましょう。

自転車に乗っていて他人の車に傷をつけた場合

自分が自転車に乗っていて運転中に、他人の車にぶつかって傷をつけてしまった場合、適用されるのは「個人賠償責任特約」です。個人賠償責任特約は自転車保険代わりにもなりますので、自転車で傷つけた相手の車やものの損害、そして自己相手そのものの被害に対しても補償してくれます。

一方、自動車保険の対物賠償責任保険では自転車運転中に起こした損害を補償できません。というのも、自動車保険本体は基本的に、保険契約者または補償対象者が自動車を運転中に与えた損害に対してしか補償できないからです。

自動車保険に個人賠償責任特約を付ける際の注意点

自動車保険に個人賠償責任特約を付ける際には、以下の点に注意してください。

重複加入に注意!

まずは、重複加入に注意してください。自動車保険以外にも、火災保険や傷害保険でも個人賠償責任特約は付帯でき、重複加入をすれば補償額も合算できます。

ただし、複数から保険金をもらえるということは手続きも増える結果となるだけでなく、1つの個人賠償責任特約の補償額が仮に無制限の場合、他の個人賠償責任特約は無駄となってしまい、保険料が無駄になってしまうのです。

自動車保険を解約すると個人賠償責任特約もなくなる

そして、本体である自動車保険を解約すると、付帯部分である個人賠償責任特約もなくなってしまいます。自動車に乗らないから、あるいは自動車保険を乗り換えるからという理由で、現在加入している自動車保険を解約すると自動的に現在の個人賠償責任特約も解約されますので、注意しましょう。

クレジットカードの個人賠償責任特約はほぼ単体で加入可能なので便利

実は、クレジットカードの中にも個人賠償責任特約を付帯できるものがあります。三井住友VISAカードやエポスカードなどでは、月額保険料140円で補償が最高1億円、月額保険料150円で補償が最高2億円、月額保険料160円で補償が最高3億円といった充実補償です。

しかも、クレジットカード本体の年会費はエポスカードが無料、三井住友VISAカードの年会費も条件次第で無料にできるため、実質ほぼ単体で個人賠償責任特約に加入できるようなものです。

コストパフォーマンスを重視して特約選びを

自動車保険には個人賠償責任特約を付帯できる商品が多く、補償範囲も補償の対象者も非常に幅広いのが特徴です。

ただし、自動車保険の対物賠償責任保険と個人賠償責任特約では補償範囲が異なり、前者は「自動車運転中に相手に与えた損害」を補償するのに対して、後者は「自動車運転中以外の相手に与えた損害」を補償します。また、火災保険や傷害保険の個人賠償責任特約との重複加入はもったいなく、自動車保険の買いや乗り換えをすると個人賠償責任特約も無効となりますので注意しましょう。

クレジットカードに付帯できる個人賠償責任特約ならば、実質単体で加入可能で保険料もお得、それでいて補償が充実しているので、コスパや手軽さを重視するならばクレジットカードも検討してみてください。