クレジットカードの個人賠償責任保険

ダイナースで個人賠償責任保険付きのカードと保険なしのカードを解説

高額な年会費に見合うだけのポイント還元・サービス・補償があるダイナースクラブカードですが、そこに個人賠償責任保険が付いていれば文句がありません。

この記事では、ダイナースクラブカードに個人賠償責任保険が付帯しているか、ないとしたらお得に加入できる個人賠償責任保険はあるかを紹介します。

ダイナースクラブカードには個人賠償責任保険が付帯していない

残念ながら、ダイナースクラブカードには個人賠償責任保険が付帯しておらず、付帯しているのは最高峰のブラックカードに相当する「ダイナースクラブプレミアムカード」しかありません。

賠償責任補償だけでなく、カード本会員・家族会員が交通事故により死亡・後遺障害が生じた際、会員に対して100万円の保険金が補償されます。

月額保険料は無料で示談交渉サービスも付いている個人賠償責任保険ですが、年会費が14万400円かかる割には補償限度額が1億円なので、高額賠償となった際には不安が残ります。

海外旅行保険の賠償責任は基本的に海外旅行中のみ

ダイナースクラブプレミアムカードだけでなく、ダイナースクラブカードにも海外旅行保険が自動付帯します。その中の賠償責任保険は、本会員が1億円、ダイナースクラブプレミアムカードのみ家族特約も2000万円付きます。

ただし、補償期間が日本出国後となっているので、出国前の国内空港などでの事故・トラブルは補償してくれません。

手軽により手厚く補償するなら三井住友カードの「ポケット保険」がおすすめ

そもそも、個人賠償責任保険が自動付帯するダイナースクラブプレミアムカードを持つには、高額な年会費と厳しい審査を覚悟しなければなりません。

お手軽に個人賠償責任保険の補償を充実させるなら、三井住友カードの「ポケット保険」がいいでしょう。

ベーシックな「三井住友VISAクラシックカード」であれば、年会費を無料にできますし、審査も厳しくありません。気になる保険料も月額140円~160円で補償は1億円~3億円と非常に手厚いです。

ダイナースクラブカードと三井住友カードの2枚持ちがおすすめ

ダイナースクラブカードには個人賠償責任保険が付帯していないので、付帯させるにはダイナースクラブプレミアムカードを持つか、他のカードの保険を付けるかのいずれかになりますが、ダイナースクラブプレミアムカードはあまり現実的ではありません。

三井住友カードの「ポケット保険」にすれば、安い保険料で手厚い補償、加えてダイナースが使えない店でも三井住友カードのVISAならばまず使えますので、穴がありません。

個人賠償責任保険は、自転車保険の代わりにもなりますから、入っておくと安心ですよ。