個人賠償責任保険カンタン解説

飲酒中のトラブルで慰謝料請求!個人賠償責任保険でカバーできる?

「酒は飲んでも飲まれるな」と言いますが、飲酒して起こした事故やトラブルで賠償請求されたとき、その金額を見たら後悔することは間違いないでしょう。

この記事では、飲酒中のトラブルで慰謝料などを請求された際、個人賠償責任保険でカバーできるかを紹介します。

飲酒中のトラブルは個人賠償責任保険で補償されない可能性が高い

結論から申し上げると、お酒を飲んで酔った状態で起こした事故やトラブル、それに対する慰謝料・賠償金などの請求を個人賠償責任保険ではカバーしてくれない可能性が高いです。

個人賠償責任保険の規約を読んでみると、「酔った状態での事故に対して保険金を支払わない」とは書いてありません。しかし、三井住友カードの「ポケット保険」にある個人賠償責任保険のホームページを見てみると、「心神喪失に起因する損害賠償責任」については保険金を支払わないと明記されており、泥酔・酩酊状態がこれに該当する可能性が高いです。

飲酒中のこんな事故・トラブルは個人賠償責任保険で補償される?

飲酒中の事故・トラブルは個人賠償責任保険でカバーされない可能性が高いですが、カバーされる可能性もあります。ここでは、飲酒中に起こりがちな事故・トラブル別に個人賠償責任保険で補償される可能性について見ていきましょう。

自転車運転中に事故を起こした

個人賠償責任保険では自転車運転中の事故をカバーしてくれますが、自転車の飲酒運転はそもそも道路交通法第65条(何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない)に違反しています。

自転車の飲酒運転中に起こした事故は、被保険者に重大な過失があると判断されて、個人賠償責任保険ではカバーされない可能性が高いですが、ケースバイケースといえます。

酒に酔ってケンカをしてしまい相手をケガさせた

酔った勢いで同僚や友人と取っ組み合いのケンカをしてしまい、ケガをさせてしまう人もいるかもしれませんが、これも個人賠償責任保険ではまず補償されないでしょう。

個人賠償責任保険では「被保険者または被保険者の指図による暴行、殴打による損害賠償責任」を補償の対象外としており、酒に酔っているか酔っていないかにかかわらず、ケンカによる賠償責任は補償の対象とはなりません。

助手席のドアを開閉する際に隣の車にドアパンチした

飲酒運転はもちろん御法度ですので、お酒を飲んでいない友人の運転で帰宅しようと助手席のドアを開けたところ、思ったより勢いがついて隣の車にドアパンチしてしまった、ということがあるかもしれません。個人賠償責任保険では「自動車等の車両、船舶、航空機、銃器、業務のために使用する動産または不動産の所有、使用または管理に起因する損害賠償責任」は補償の対象外とする規定があり、これも飲酒の有無にかかわらず補償されません。

ただし、個人賠償責任保険の主契約で自動車保険を契約していれば、その対物賠償や車両保険で補償されるかもしれません。

飲酒の上での事故・トラブル、個人賠償責任保険でカバーできるかは要確認

全てのケースに該当しますが、飲酒の上での事故・トラブルを個人賠償責任保険でカバーできるかどうかは、ケースバイケースといえます。実際に事故・トラブルが発生した状態はそれぞれ異なるので、補償される場合もありますが補償されない場合もあります。

個人賠償責任保険では「心神喪失に起因する損害賠償責任」を免責の対象としていますが、これに酒に酔った状態が該当するかもケースバイケースです。もし事故やトラブルを起こしてしまったら、保険会社に相談して補償されるかを確認するといいでしょう。