クレジットカードの個人賠償責任保険

エポスカードは個人賠償責任保険が安い!自転車保険代わりにぴったり

年会費無料・最短即日発行・海外旅行保険が自動付帯・マルイでお得などのメリットを持つエポスカードの会員限定で、個人賠償責任保険も付けられます。

この記事では、エポスカードの個人賠償責任保険は充実しているのか、他に安く加入できる個人賠償責任保険とともに紹介します。

「エポラク傷害保険」ならお得な保険料で充実の補償が受けられる

エポスカード会員限定の保険には、

  • エポラク医療保険ライト
  • エポラク傷害保険
  • エポラクがんサポート
  • エポスお買い物安心サービス

がありますが、このうち個人賠償責任保険に相当するのが三井住友海上の提供する「エポラク傷害保険」で、「自由設計コース」であれば月額140円~160円のお手頃な保険料ながら、補償は1億円~3億円と非常に充実しています。

加えて、保険会社専任担当者による示談交渉サービスも付いていますので、時間がない人、相手と顔を合わせにくい人、専門知識がなく交渉が苦手な人も心配いりません。

エポスカードの海外旅行保険は基本的に海外旅行中のみ対象

エポスカードには最高2000万円の賠償責任補償の付いた海外旅行保険が自動付帯しますので、それで十分と考えている人もいるかもしれません。

しかし、本人のみが対象で、基本的に海外旅行中しか補償されませんので注意してください。

マルイで買い物をしない人は三井住友カードの「ポケット保険」もおすすめ

マルイでお得なエポスカードも、マルイを使わない人にはあまりメリットがありません。

個人賠償責任保険に安く加入したいと考えている人は、同じ保険会社・同じ補償内容・同じ保険料である三井住友カードの「ポケット保険」(自由設計コース)も検討してください。

気になるのはクレジットカードの年会費ですが、以下のカードでは条件を満たすと年会費が無料になります

  • 三井住友VISAクラシックカード…WEB明細書サービス+マイ・ペイすリボの申込・利用
  • 三井住友VISAデビュープラスカード…年1回以上のショッピング利用
  • 三井住友VISAエブリプラスカード(リボ払い専用カード)…無条件

エポラク傷害保険とポケット保険は同じ保険!

エポラク傷害保険(自由設計コース)は月額140円~160円のお手頃な保険料ながら、1億円~3億円の充実した個人賠償責任保険がメリットです。エポスカードには海外旅行保険が自動付帯しますが、賠償責任は海外旅行中しか補償されませんので注意してください。

エポスカードを必要としていないが個人賠償責任保険は捨てがたい人には、全く同じ補償の三井住友カードの「ポケット保険」(自由設計コース)を選ぶといいでしょう。