個人賠償責任保険カンタン解説

慰謝料を請求されたら個人賠償責任保険でカバーできる?

事故やトラブルで示談金や慰謝料を請求されると、その金額は高額なことが多いのですぐに支払えず困ってしまいますよね。

そんなときに使えるのが個人賠償責任保険ですが、この記事では個人賠償責任保険で慰謝料や示談金を支払えるのかを中心に、示談金・慰謝料・損害賠償金の違いについても解説します。

慰謝料・示談金・損害賠償金の違い

慰謝料・示談金・損害賠償金という似たような3つの言葉が登場しますが、簡単に言うと慰謝料も損害賠償金も示談金の一部です。

裁判をせずに、被害者と加害者が問題を解決することを俗に「示談」と呼び、その際に支払うお金全般が「示談金」です。示談金の金額に特に決まりはなく、当事者同士が納得すればいくらたかろうと安かろうと問題ありません。

一方、慰謝料と損害賠償金の違いは、以下の通りです。

慰謝料 他人に加えた肉体的・精神的苦痛を金銭的に評価したもの
損害賠償金 他人に加えた損害を償う際の金銭

これを見ると、慰謝料は被害者が直接受けた苦痛なのに対して、損害賠償金は被害者が受けた損害全般を補償するものですので、「示談金>損害賠償金>慰謝料」と考える事もできるでしょう。ちなみに、損害賠償金に含まれるものとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 治療費
  • 入院費
  • 手術費
  • 通院費
  • 介護器具費
  • 付添看護費
  • 休業損害
  • 後遺症による逸失利益
  • 死亡による逸失利益

逸失利益とは、「本来得られるべきだったのに、事故やトラブルによって得られなくなった利益」のことです。

示談金・慰謝料・損害賠償金は個人賠償責任保険で補償される

火災保険・自動車保険・クレジットカードの特約として有料で付けられる「個人賠償責任保険」ですが、もちろん示談金・慰謝料・損害賠償金をしっかりと補償してくれます。

過去の自転車事故では約9500万円の損害賠償支払い命令が出た判決もあり、自腹で示談金・慰謝料・損害賠償金を支払うとなると相当の出費を覚悟しなければなりません。しかし、保険でカバーできるのであれば非常にありがたいですね。

しかも、個人賠償責任保険であれば契約者本人以外に

  • 配偶者
  • 子供
  • 同居している親族
  • 別居している未婚の子供

も月150円程度の保険料で幅広く補償対象としてくれます。

示談交渉サービスも便利

三井住友カードの個人賠償責任保険「ポケット保険」には、示談交渉サービスが付いており、このサービスを使えば、保険会社の専任担当者が加害者に代わって、被害者側(被害者本人・弁護士)との交渉を行なってくれます。

  • 示談金・慰謝料・損害賠償金の金額がよく分からない
  • 被害者と顔を合わせて示談交渉しにくい
  • 自分もケガをしていて示談交渉に行けない
  • 地理的に遠く示談交渉に行けない

などのケースで非常に有効なサービスです。

保険会社の専任担当者による示談交渉が万が一不調に終わると裁判になりますが、その際の訴訟費用・賠償金なども個人賠償責任保険から支払われますので、安心してください。

ただし、以下のようなケースでは示談交渉サービスを受けられません。

  • 被保険者が同意しない
  • 正当な理由なく被保険者が協力しない
  • 法律上賠償責任が発生しない事案である
  • 個人賠償責任保険の補償限度額を明らかに超える

ポケット保険の補償限度額は月140円で補償限度額1億円、月150円で2億円、月160円で3億円となっており、ほんのわずかな保険料上積みで補償限度額を大幅にアップさせられますので、補償限度額は多くしておくといいでしょう。

示談金(慰謝料・損害賠償金)の支払いに備えて個人賠償責任保険を手厚くしておこう

被害者側と加害者側が裁判をせずに解決する際に支払われる金銭を「示談金」と呼び、似たような言葉である慰謝料や賠償金は示談金の一部です。その関係性は「示談金>損害賠償金>慰謝料」と表せます。

示談金は個人賠償責任保険で賄うことが可能で、契約者本人だけでなく配偶者や子供、同居の親族も幅広く補償してくれるので、加入しておくといいでしょう。示談交渉サービスも付いていますが、補償限度額を明らかに超えそうなときは示談交渉サービスが利用できませんので、補償限度額は多くしておくといいでしょう。