個人賠償責任保険カンタン解説

個人賠償責任保険は無制限の補償を選ぶべき?単体で加入できる保険も

事故やトラブルの賠償金額は高額化しているため、万が一に備える保険の補償も高額に越したことはありません。ベストは無制限補償ですが、個人賠償責任保険で無制限の保険はあるのか、そもそも補償が無制限の個人賠償責任保険に加入する必要はあるのか、この記事では説明していきます。

補償が無制限の保険のメリット

個人賠償責任保険は火災保険・自動車保険・傷害保険などの主契約を結んだ上で、その特約として加入することができます。この中で、自動車保険の主契約部分では「対人賠償責任」「対物賠償責任」の補償が無制限でが、これには以下のようなメリットがあります。

高額賠償に備える

自動車を持っている人は、任意で加入する自動車保険とは別に「自賠責保険」に加入しなければなりません。しかし、自賠責保険の補償限度額は、

  • 死亡:3000万円
  • 後遺障害:4000万円
  • ケガ:120万円

と決して手厚い補償ではありません。仮に死亡事故で5000万円の賠償命令が出ても自賠責保険だけでは2000万円足りないので、不足分を任意保険の対人賠償責任で補います。過去には3億円以上の賠償命令が出た例もあり、事故で死亡した人数に比例して賠償金額も高額になるため、任意の自動車保険の対人賠償責任は無制限なのです。

さらに、対物賠償責任に至っては自賠責保険で補償されません。対物賠償責任も過去には2億円以上の高額賠償命令が出ており、自己負担を少しでも減らすためにも、任意保険で対物賠償責任を無制限にする必要があります。

示談交渉を行なってもらえる

そして、賠償限度額の上限を超えると、損害保険会社が示談交渉をしてくれない場合があります。損保会社はあくまでも限度額の範囲内で交渉を行なうため、オーバーした分は自分で交渉をお願いされる可能性があり結構大変ですので、無制限にして示談交渉を全てお任せした方が効率的です。

保険料に大した差はない

補償が無制限だと保険料も高額になるのではと心配する人もいるでしょうが、実際にはそんなことはありません。同じ保険商品で、補償限度額が1億円と無制限の自動車保険を比較しても大差はありませんので、無制限にした方がお得です。

補償が無制限の個人賠償責任保険は少ない

自動車保険の主契約では対人賠償責任・対物賠償責任が無制限なのが一般的と説明しましたが、こと個人賠償責任保険においては補償が無制限のものは決して多くありません。主な個人賠償責任保険の補償額を以下の表で見てみましょう。

補償限度額 商品名 保険の種類
無制限 セゾンおとなの自動車保険 個人賠償責任特約 自動車保険
損保ジャパン日本興亜 THEクルマの保険 個人賠償責任特約 自動車保険
三井住友海上 クルマの保険 家庭用日常生活賠償特約 自動車保険
3億円 あいおいニッセイ同和損保 ケガの保険 個人賠償責任特約 傷害保険
三井住友海上 ケガの保険 日常生活賠償責任特約 傷害保険
1億円 東京海上日動 からだの保険 個人賠償責任保険 傷害保険
ソニー損保 自動車保険 おてもり特約 家族型 傷害保険

これはほんの一例ですが、ほとんどの個人賠償責任保険が1億円~3億円の補償限度額を設定しています。補償限度額を超えた分は当然自己負担です。しかも、主契約の自動車保険・火災保険・傷害保険の保険料は結構高額のため、個人賠償責任保険の補償内容よりも主契約の保険の方が保険選びの比重が高くなります。

単体で加入できる無制限の個人賠償責任保険は「まるごとマモル」のみ

主契約との絡みという煩わしさをなくし単体で加入できて、しかも補償が無制限の個人賠償責任保険となると、あいおいニッセイ同和損保の「まるごとマモル」しかありません。まるごとマモルの内容は、以下の通りです。

  • 補償限度額:無制限
  • 補償対象者:本人・配偶者・同居の親族・別居の未婚の子・別居の父母
  • 年間保険料:1990円(基本プランのみの場合)

保険料の支払いが少ないわりに補償が無制限で対象者も幅広いですが、主契約者が70歳未満に限られるというデメリットがあります。

そもそも個人賠償責任保険は補償限度額無制限にこだわる必要がない

ここまで、保険の補償は無制限に越したことがないと説明してきましたが、個人賠償責任保険に関しては必ずしもそうとは言えません。そもそも、補償が無制限の個人賠償責任保険の選択肢が限られています。

しかも、個人賠償責任保険の補償対象となる事故・トラブルでそこまで高額の賠償命令が出た事例がありません。個人賠償責任保険の補償対象となる事故・トラブルで最も高額の賠償命令が出たのは、自転車で歩行者をはねて後遺障害をもたらした事故で、9521万円です。

クレジットカード付帯の個人賠償責任保険はほぼ単体で加入できて補償は最高3億円

実は、一部のクレジットカードには有料で個人賠償責任保険に加入できるオプションが設定されています。個人賠償責任保険が付帯する主なクレジットカード、月額保険料、補償限度額は以下の通りです。

カード名 月額保険料 補償限度額
三井住友カード 140円~160円 1億円~3億円
JCBカード 150円 1億円
楽天カード 220円 1億円
エポスカード 140円~160円 1億円~3億円

メジャーどころのクレジットカードが軒を連ねています。三井住友カード・エポスカードの個人賠償責任保険は同じ三井住友海上の「ポケット保険」ですが、月額保険料に応じた補償限度額の差は以下の通りです。

傷害入院のみ補償 個人賠償責任保険の補償限度額 保険料 合計保険料
40円/月 1億円 100円/月 140円/月
2億円 110円/月 150円/月
3億円 120円/月 160円/月

1億円と3億円で月額20円しか違いがないので、どうせならば3億円の補償を付けた方がお得です。

個人賠償責任保険は無制限でなくても十分

自動車保険の対物賠償責任・対人賠償責任の補償は、過去に3億円以上の高額賠償命令が出ているため、補償を無制限にするのが一般的です。一方、個人賠償責任保険で補償が無制限のものはそもそも数が少なく、単体で加入できるのは「まるごとマモル」しかありません。

しかし、自動車保険とは異なり、個人賠償責任保険の最高賠償金額は1億円弱ですので、1億円の補償が付いていれば十分といえます。クレジットカード付帯の個人賠償責任保険はほぼ単体で加入できるだけでなく、補償も最高3億円あるので十分です。