クレジットカードの個人賠償責任保険

セゾンカードの個人賠償責任保険は示談交渉代行がないことに注意

年会費無料・永久不滅ポイントが貯まる・西友などでお得とコスパに優れたセゾンカードですが、個人賠償責任保険に相当するプランが会員限定で用意されています。

この記事では、セゾンカードの個人賠償責任保険は頼りになる内容なのか、そしてコストはかからないのかについて解説します。

「Super Value Plus」は月額300円で1億円の補償

セゾンカードの会員は「Super Value Plus」という会員限定の保険に加入でき、11種類あるプランの中で個人賠償責任保険に相当する「ご迷惑安心プラン」ならば、

  • 月額保険料:300
  • 補償限度額:1億円

と、比較的安い月額保険料でそれなりの補償を受けられます。

インターネットだけでなく最寄りのセゾンカウンター・電話でも申し込めるので、加入前にしっかりと話を聞きたい人でも安心です。

示談交渉サービスはないが弁護士相談サービスはある

「ご迷惑安心プラン」には保険会社の専任担当者による示談交渉サービスが付いておらず、示談交渉を自分で行わなければならないことから、時間や手間がかかり、知識不足による交渉不調の可能性もあります。

一方、ご迷惑安心プランには日常事故弁護士相談サービスが付いており、日常生活で生じた法律トラブルに関する相談を弁護士が無料で受けてくれます。

電話による事前予約が必要で1事案につき1回、30分程度と制限がありますが、通常は相談するだけでも高額な費用が発生する弁護士への相談を無料でできるのは、大きなメリットです。

対象外カードに注意!

Super Value Plusに加入できるのはセゾンカード会員のみで、UCカード会員は加入できません。また、セゾンカード会員であっても以下のカードは対象外ですので注意しましょう。

  • 千趣会セゾンメンバーズカード
  • VERMILLION CARD
  • snowboardカードセゾン
  • Outdoorカードセゾン
  • POWER’S《セゾン》カード
  • 長谷川ほっとカード《セゾン》
  • skierカードセゾン
  • 山と溪谷カードセゾン

三井住友カードの「ポケット保険」ならば、より格安な保険料でより充実の補償が可能

「Super Value Plus」よりも保険料を安くしながら補償を充実させたいのであれば、三井住友カードの「ポケット保険」(自由設計コース)がおすすめです。

  • 月額保険料:140~160円
  • 補償限度額:1~3億円
  • 示談交渉サービスあり

と、Super Value Plusよりもコストを抑えつつ、補償はより充実しています。

示談交渉サービスの有無は意外と重要

いざ裁判になれば「ご迷惑安心プラン」の弁護士相談サービスが役立ちそうですが、裁判になると非常に面倒なので、事故・トラブルをできれば示談で解決したいものです。

しかし、ご迷惑安心プランには示談交渉サービスが付いていないため、示談交渉が非常に面倒でうまくいかない可能性もあります。

三井住友カード(自由設計コース)ならば、示談交渉サービスが付いていますので、その心配はいりません。