クレジットカードの個人賠償責任保険

三井住友VISAカードの個人賠償責任保険は最安でおすすめ!

三井住友VISAカード会員は、会員向けの保険「ポケット保険」に加入することができます。

自由設計コースを選べば、ほぼ「個人賠償責任保険だけ」で設定できるので、日常のトラブル・事故を手厚く補償したい方にはうってつけです。他の保険とスペックを徹底比較・分析しながら、詳しく解説していきます。

「ポケット保険」は保険料がお得で補償が充実

三井住友VISAカード会員限定で加入できる「ポケット保険」(ポケホ)は、保険料がお得ながら充実した補償が魅力的な保険です。

ポケット保険には様々なコースがありますが、個人賠償責任保険に相当する「自由設計コース」の月額保険料と補償限度額は、以下の通りです。

月額保険料 補償限度額
140円 1億円
150円 2億円
160円 3億円

非常にコスパの良い保険なことが分かりますが、ポケット保険のメリットは高額な補償限度額はもちろん、それ以外の補償内容にあります。

保険会社の専任担当者による示談交渉サービスが付いており、時間がない方や専門知識がない方でも心配いりません。また、補償対象者は本人だけでなく、

  • 配偶者
  • 同居の親族
  • 別居の未婚の子供

と非常に幅広くカバーしてくれます。

三井住友VISAカードを年会費無料で持つには?

ポケット保険の充実ぶりはもちろん、ステータスもある三井住友VISAカードですので、ポケット保険の月額保険料が安くてもカード自体の年会費が高くては意味がありませんが、三井住友VISAカードを年会費無料で持つ方法は、以下のように存在します。

  • 三井住友VISAクラシックカード…WEB明細書サービス+マイ・ペイすリボの申込・利用
  • 三井住友VISAデビュープラスカード…年1回以上のショッピング利用
  • 三井住友VISAエブリプラスカード(リボ払い専用カード)…無条件

特に難しい条件ではないので、ステータスの高い三井住友VISAカードをノーコストで持つチャンスです。

エポスカードの個人賠償責任保険は「ポケット保険」と同じ

  • マルイでよく買い物をする
  • 海外旅行保険が自動付帯しているカードが欲しい
  • すぐにでもカードが欲しい
  • 無条件で年会費無料のカードが欲しい

という方におすすめなのが、

  • マルイで年4回10%オフ
  • 最高2000万円の海外旅行保険が自動付帯
  • エポスカードカウンター受取なら最短即日発行
  • 永年年会費無料

のエポスカードです。

エポスカードの「エポラク傷害保険」は引受保険会社・補償内容・月額保険料とも「ポケット保険」(自由設計コース)と全く変わりありませんので、こちらを検討してもいいでしょう。

汎用性の高い三井住友カード、コスパに優れたエポスカード

三井住友カードの「ポケット保険」(自由設計コース)とエポスカードの「エポラク傷害保険」は、

  • 月額保険料140円~160円
  • 補償限度額1億円~3億円
  • 示談交渉付きサービス付き

と、個人賠償責任保険としては相当ハイスペックです。コスパ重視ならば年会費永年無料のエポスカード、ステータス重視ならば三井住友VISAカードを選ぶのも悪くありません。