クレジットカードの個人賠償責任保険

ヤフーカードに付けられる個人賠償責任保険(プラチナ補償)は不十分

ヤフーカードには有料ながら「プラチナ補償」というサービスがあります。プラチナ補償が個人賠償責任保険の代わりにもなるのでしょうか。

この記事ではプラチナ補償の対象・条件などを紹介して、他社の個人賠償責任保険と比較をしようと思っています。

プラチナ補償の「自転車事故賠償責任補償金」は、ケースが限定され補償が少ない

ヤフーカード会員は、月額490円(税別)で18種類もの補償が付いている「プラチナ補償」に加入できます。代表的なものを挙げても、以下のようにバリエーション豊かです。

名称 補償内容
修理補償金 保証期間外の修理代金を50%~100%補償
宅配郵送事故補償金 届いたときに壊れた商品代金の90%を補償
携帯電話水漏れ全損補償金 携帯電話が水没して壊れた場合、キャリアの保証サービスに支払った実費全額を補償
車上荒らし被害補償金 車上荒らしで盗まれた品物の購入代金を全額補償
ネット売買トラブルお見舞い金 ネット売買トラブルで訴訟を起こす際の弁護士費用を補償

18の補償の中には「自転車事故補償責任補償金」という個人賠償責任保険に似た補償内容があり、自転車事故を起こして損害を与えた際に、損害状況に応じて保険金を支払ってくれる補償があります。

ですが

  • 利用限度:年1回
  • 補償限度額:10万円
  • 補償対象:ヤフーカードで購入した自転車運転中の事故
  • 支払い条件:自転車運転中の事故で損害賠償責任が発生する場合(交通事故届が必要)

、条件が厳しい割に補償額はわずかです。

また、ヤフーカードには国内・海外旅行保険が付帯していないので、当然ながら旅行中の賠償責任補償も付帯していません。

手厚い補償を希望するなら三井住友カードの「ポケット保険」

手厚い補償を希望なら、三井住友カードの「ポケット保険」がおすすめです。月額140円~160円のお手頃保険料の割に補償が最高3億円と、金額面だけ見ても十分なスペックです。

しかも、プラチナ補償とは異なり、ヤフーカードで買った自転車での事故でなくても、ペットが他人に飛びついてケガをさせても補償されます。

幅広い補償で万が一に備えよう

ヤフーカードの「プラチナ補償」は比較的お手頃な保険料で幅広く補償してくれますが、個人賠償責任保険の分野となりますと、ヤフーカードで買った自転車での事故しか補償してくれません。

ケースが限定されて補償額も少ないプラチナ補償ではなく、幅広いケースを対象として手厚く補償してくれる「ポケット保険」の方が安心です。